世界の平均気温の上昇を今後2度以内に押さえるという目標

ドイツで開催されていた国連のIPCCの爽快において、世界の平均気温の上昇を今後2度以内に押さえるという事を国際的な目標とするのだそうです。

そのためには2050年までに2010年と比べて4割から7割も温室効果ガスの排出量を減少させ、今世紀末までになくすか、減少に持っていかなければならないのだそうです。

そのためには、二酸化炭素の排出をしないエコエネルギーの割合を3倍から4倍に増やさなければならないのだそうでかなり厳しい目標かもしれません。かなり厳しい目標かもしれません。

これは温暖化の影響で、異常気象にある集中豪雨等の被害やサンゴ礁等の生態系の被害が予想されることから、切実に必要なことだといいましょう。

世界の120か国の政府の代表や科学者がこのような目標を挙げているのですが、実際には各国の経済的な問題で抑制するというのはかなり厳しいと言わなければならないような気がします。